4)細菌性(円形・多発性)脱毛症

4)細菌性脱毛症(円形脱毛症)

4)細菌性脱毛症(円形脱毛症)
細菌性脱毛症には2種類あり、脱毛が1ヵ所だけに起こるものを「円形脱毛症」、複数の箇所に起こるものを「多発性脱毛症」といいます。以前は後頭部の襟足に発生する円形脱毛症がほとんどでしたが、近年では側頭部などに複数発生する多発性が増えています。以前はこの脱毛症は極度の精神的ショックやストレスが原因と考えられていました。しかし、現在では精神的ショックやストレスそのものが円形脱毛症を招くのではなく、頭部常在菌と免疫の関係が主な原因と考えられています。他の脱毛症と複合的に作用すると回復が難しく、長引くと考えられます。


タグ:円形脱毛症
この記事へのコメント
失礼いたします
エロ at 2008年01月25日 23:36
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック
心の状態は?
はい♪こんばんはー お店は、今日わりと忙しかったです♪^^ありがとうございます。 m(_ _)m 体が健康でなきゃ、幸せになれないのは、もちろんですが、健康でなきゃならないのは体だけでなく、心も..
ブログタイトル院長ブログ
2007-08-09 15:23

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。